Top >  チアシードとは >  チアシードの正体とは

チアシードの正体とは

南アメリカ(主にメキシコ)で栽培されているシソ科サルビア属ミントの果実「チア」の種を、チアシードと言います。
ちなみに、チアシード(Chia Seed)の「チア(Chia)」は、メキシコでは「力」を意味し、「シード(Seed)」は「種」を意味するのです。
したがって、メキシコでは、チアシードは「力の種」と呼ばれているのです。
チアシードはその名の通り「小さじ一杯のチアシードと瓢箪(ひょうたん)1杯の水で24時間走り続けられる」という言い伝えもあるそうです。
チアシードの外観は黒ゴマのような形をしていて、一粒の直径2mmほどの小さな種です。
少しハーブの香りがするものの、味が無いチアシードですが、南アメリカでは一般的な食品として扱われています。
また、チアシードの最大の特徴は、水分に浸けるとおよそ10倍にも膨張することなのです。

トップページ  |  次の記事 チアシードの性質とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.lilijoe.com/mt/mt-tb.cgi/1307

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「チアシードって知ってる??」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。