Top >  チアシードとは >  チアシードの性質とは

チアシードの性質とは

チアシードの特徴といえば、水分を含むと約10倍に膨らむのです。
この「10倍にも膨らむ」チアシードが食べやすいということから、最近、新たなダイエット食品としてかなりの注目を集めています。
この膨張するものの正体は「グルコマンナン」と呼ばれているゼリー状の物質なのです。
そしてグルコマンナンは、人間には消化することのできない食物繊維で、こんにゃくにも含まれています。
有名なところをあげれば「マンナンライフのこんにゃく畑」でしょうか。
消化されないグルコマンナンは水分を含むことによって膨らむので、ちょっと食べただけでも満腹になるというのです。
また、チアシードには、グルコマンナンだけではなく、アミノ酸・カルシウム・マグネシウムといった成分もふくまれているので、栄養素の補給にもつながります。チアシードは、少しで満腹になるという効
果のみならず、栄養価にも優れていて、たくさんの食物繊維のおかげで便秘の改善も期待できるのです。

 <  前の記事 チアシードの正体とは  |  トップページ  |  次の記事 チアシード入りのホットケーキ  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.lilijoe.com/mt/mt-tb.cgi/1308

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「チアシードって知ってる??」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。