Top >  チアシードとは >  バジルシードの注意点とは

バジルシードの注意点とは

チアシードとバジルシード・・・どこが違うの?と思う方は多いことでしょう。
ですが、よく見るとまったく違うことがわかります。
なぜなら、チアシードには黒や茶・灰色のものが含まれていますが、バジルシードは黒のみだからです。
また、チアシードを水に浸けると10倍にしか膨張しませんが、バジルシードでは30倍もの膨らみを見せます。
注意点・・・バジルシードについたカビから、発癌性物質(アフラトキシン)が検出されたというケースがありました。
現在では、そのような危険性を排除するために、検査を受けるように指導されています。
アフラトキシンの分析データがついていない商品を買うことは、非常に危険なことですから、しっかり確認しなければなりません。
個人輸入の場合には、分析が実施されていない商品がたくさんあるそうです。
体内に摂り込むものなのですから、十分な配慮が必要ですよ。

 <  前の記事 チアシードとバジルシードの相違点  |  トップページ  |  次の記事 フーディアとチアシード入りのクッキー  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.lilijoe.com/mt/mt-tb.cgi/1355

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「チアシードって知ってる??」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。