Top >  チアシードの効果とは >  バジルシードがいいのはなぜ?

バジルシードがいいのはなぜ?

α-リノレン酸というものは、人間の体にとって必要不可欠な必須脂肪酸なのですが、体内において生成されることがありませんので、食品によって体外から摂り入れるしかないのです。
体内でEPA・DHAに変換されるα-リノレン酸は、血液中に存在する悪玉コレステロールを減少させ、善玉コレステロールを増加させるという働きがあります。
さらに、ガンを防いだり、ガン細胞が増加することを抑えたり、といった効果を発揮します。
とりわけ、乳がん・肺がん・大腸がんに対して、かなりの効力が認められています。
バジルシードの効能をまとめますと・・・
・水分で30倍に膨張…満腹感が長続きするので、ダイエットに有効。
・腸内の老廃物を排出…宿便の除去・便秘の改善。
・豊富なα-リノレン酸…ガン予防・抑制、脂肪燃焼、高血圧・老化の予防。
・100g中、約50gが食物繊維…手軽な食物繊維の補給。

 <  前の記事 バジルシードの効能とは  |  トップページ  |  次の記事 チアシードが入った飲み物とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.lilijoe.com/mt/mt-tb.cgi/1343

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「チアシードって知ってる??」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。