Top >  チアシードの効果とは >  チアシードの効果について

チアシードの効果について

南米(主にメキシコ)で栽培されているシソ科サルビア属ミントの果実の種が「チアシード」と呼ばれているものです。
一粒直径2mm程度のゴマのような形をしたチアシードは、無味無臭ですが、食物繊維、αリノレン酸、アミノ酸といったものがたくさん含まれています。
また、種子の表面にある食物繊維が、水分や胃の消化液に触れると、おおよそ10倍の体積に膨張するという性質を持っています。
この水分を含むと10倍に膨張するといった性質のおかげで、満腹感が得られるといえるのです。
早くから満腹感を得るためには、スプーン約1杯(1回4g~9g程度)のチアシードを、食事の30分~1時間ほど前に摂取するとさらに効果的なのだそうです。
このように食事の30分~1時間ほど前に摂取すれば、食事を始める時点である程度の満腹感を感じているおかげで、食べすぎを防止することができるのです。

 <  前の記事 チアシード入りのドーナツ  |  トップページ  |  次の記事 チアシード体験談  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.lilijoe.com/mt/mt-tb.cgi/1311

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「チアシードって知ってる??」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。