Top >  チアシードの効果とは >  チアシードの働きとは

チアシードの働きとは

チアシードには18種類のアミノ酸が含まれています。
18種類のアミノ酸のうち、「抗肥満アミノ酸」と「脂肪燃焼アミノ酸」はダイエットに有効なものであるといっても過言ではないでしょう。
近年、コレステロールを減少させるという理由から、リノール酸を大量に摂り過ぎることによってバランスが不安定になり、皮膚炎や花粉症といったアレルギー疾患が増えてきています。
チアシードを構成している成分の約80%が「α-リノレン酸」「リノール酸」なのです。
欠乏しがちで酸化に弱い「α-リノレン酸」だけでも、60%も含有されています。
このように、チアシードは満腹感を与えることによって、ダイエットに有効な働きをするばかりではなく、チアシード自体にかなり重要な栄養分が豊富に含有されていますから、アレルギー体質を改善してくれたり、生活習慣病を未然に防いでくれたりする、人間の健康には欠かせない優れた食品であると言えます。

 <  前の記事 チアシードの成分とは  |  トップページ  |  次の記事 便秘にもよいチアシード  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.lilijoe.com/mt/mt-tb.cgi/1349

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「チアシードって知ってる??」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。