Top >  チアシードの効果とは >  腸の活動を促すチアシード

腸の活動を促すチアシード

腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を促進させる不溶性食物繊維は、腸内で大量の水分を含んで膨張し、腸を通過する時間が短くなります。
そして、便の量を増加させて、排泄を促すのです。
チアシードには、不溶性食物繊維が豊富に含有されています。
加熱して溶かさなくても良いチアシードは、無味無臭ですから、どのような料理にでも簡単に用いることができます。
次に、腸内の善玉菌を育成するためには、乳酸菌やビフィズス菌入りのヨーグルトを、毎日約250g食べることが有効とされています。
ヨーグルトのみでも有効ですが、ハチミツやオリゴ糖を加えて食べると、さらに効き目があるそうです。
以上のことをまとめますと…毎日約250gのヨーグルトを食べ、初めの3~5日は熱湯などで溶かした寒天を摂り、続いてチアシードで不溶性食物繊維を補給することが、正しい腸内デトックスなのです。

 <  前の記事 便秘にもよいチアシード  |  トップページ  |  次の記事 チアシードのカロリーとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.lilijoe.com/mt/mt-tb.cgi/1351

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「チアシードって知ってる??」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。