Top >  チアシードの効果とは >  チアシードとこんにゃく

チアシードとこんにゃく

食物繊維が豊富に含まれている食品はカロリーが高くなりがちなのです。
例えば、寒天こんにゃくがそうです。
寒天こんにゃくには食物繊維が豊富に含まれています。
そして、チアシードの油分の正体は、太りにくい良質の油「αリノレン酸」で、脂肪の燃焼促進、高血圧・老化防止にも威力を発揮してくれるのです。
αリノレン酸は、人間の体にとって必要不可欠な必須脂肪酸で、体内においては生成されないので、食品によって体外から摂取するしかありません。
αリノレン酸を摂り込めば、アレルギー体質が改善されたり、綺麗な皮膚にしてくれたりするのです。
このように、チアシードというものは、カロリーや油分の量といったものに心配することなく、どんどん摂っても構わないと言うことです。ただし、あまりにも大量に摂り過ぎてしまうと、お腹が膨らみ過ぎて大変な事
態を招くことになりますから、注意して下さい。

 <  前の記事 チアシードのカロリーとは  |  トップページ  |  次の記事 チアシードとバジルシードの相違点  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.lilijoe.com/mt/mt-tb.cgi/1353

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「チアシードって知ってる??」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。